活気溢れる甲子園は、選手の両親、ベンチ入りできなかったメンバー、ブラスバンド部の生徒らが観戦、応援していますが、一般の方も多くが楽しく試合を見つめています。
そういった一般の方々が甲子園球場で甲子園の試合を観戦する場合、どの席がおすすめでしょうか?せっかく甲子園を生で観るならば、より素晴らしい場所から見届けたいでしょうから。

甲子園の熱気を感じるならばアルプス席

koshien_ground_view01
これは内野席の中の外野よりの場所になりますが、すでに述べたように選手の両親、ベンチ入りできなかった野球部の部員、ブラスバンド部などがここで応援しています。
そのため、熱気という意味では1番に感じられる席になると思います。彼らがいるため、席をとるのは簡単ではないですけど、プロ野球でいうところの外野席になるでしょうか?

プロ野球では外野席が1番応援がすごいですから、そういった雰囲気を味わいたい方は、このアルプス席をおすすめします。
1塁側と3塁側がありますけど、どちらでも構わないと思います。

ただ、外野に近い席なのでピッチャーとバッターが離れてしまっているのがやや難点かもしれません。

選手が間近で見られる中央特別自由席

koshien_ground_view02
これはいわゆるバックネット裏になりますけど、ピッチャーとバッターが1番よく見えやすい場所になるのではないでしょうか?

選手までの距離、特にバッターまでの距離が近いので、1球1球に集中してみることができると思います。

高校野球に限らず、このバックネット裏の位置は人気なので、ここを確保するための難易度は高いです。
ここが中央特別自由席の難点と言えると思います。しかし、ここから見られる野球の試合の景色は格別です。

プロ野球の試合でもバックネット裏の席はチケット代も高いですし、それだけグレードが高い席ということになります。
あと、ここは場所によってはテレビ画面に自分に映る可能性もありますから、そういう意味でも魅力が大きい場所になるでしょう。

ouen
Clipeeをフォローして
最新記事を受け取ろう!

高校野球に関する記事

お勧め記事

新着記事