熊本地震からの復活目指す秀岳館の主将・九鬼捕手

  • 掲載日:
  • 文章:寄稿

春のセンバツ大会ベスト4となった熊本・秀岳館高校の原動力となったのが、主将で4番、捕手というチームの要である九鬼隆平選手です。
チームを指揮する鍛治舎巧監督が指導を続けてきた、大阪・オール枚方ボーイズの出身で、鍛治舎監督をしたって熊本の秀岳館高校に進学しました。

夏の甲子園でも活躍することができれば、秋のドラフト候補にもなるかもしれません。

魅力は長打力とスローイング

九鬼選手の魅力は、強肩、強打です。お父さんも、社会人野球で活躍した選手という、野球エリートでもあります。

そのお父さんの背中を追うように野球の道へ進みました。
大阪のボーイズリーグのチーム、オール枚方ボーイズで捕手となると、進学した秀岳館でも、扇の要としてチームを牽引しています。

九鬼選手のバッティングの特徴は、2ストライクを取られるまでは、足を上げるフォームから積極的に振り抜いていくことです。
また、追い込まれたあとは、すり足に変えるという柔軟さもあわせもっているのです。
カウントによって、バッティングフォームを微調整するというクレバーさも光ります。
足を上げて振り抜いていくため、バットの芯でボールを捉えることができれば長打が期待できそうです。

一方、すり足で打った場合は、体のぶれがなくなるため、打撃の確実性が増すというメリットがあります。こうした使い分けができる柔軟さも、九鬼選手の魅力のひとつとなっています。
そして守備面で光るのは、強肩を生かしたスローイングです。

捕球してからの送球が早く、正確です。
投手がクイックモーションで投球することができれば、相手チームも盗塁を仕掛けるのは簡単ではありません。また、キャッチングもしっかりしており、ピンチの時に、マウンドに声を掛けるタイミングも光っています。主将としてチーム全体への目配りできる、リーダーシップを発揮しているようです。

九鬼捕手は春の甲子園に続いて、夏の甲子園を目指す秀岳館の鍵を握る選手といえそうです。
熊本地震からの復活を目指すチームの原動力となるのではないでしょうか。

こちらの記事に関連するタグ

kuki
Clipeeをフォローして
最新記事を受け取ろう!

に関する記事

お勧め記事

新着記事