【甲子園の豆知識】私立 vs 公立 公立勢の活躍が甲子園を盛り上げる

  • 掲載日:
  • 文章:寄稿

夏といえば甲子園というのが日本の風物詩ともなっていますが、毎年甲子園には数々のドラマが存在します。
楽しみ方はたくさんあるので注目点は人それぞれだと思いますが、私が毎年注目しているのは「公立VS私立」というテーマです。
昨今の甲子園では私立校が上位に勝ち進むことが多いですが、そんな中で公立校がどれだけ意地を見せられるかに注目しています。

公立勢がどこまでやれるか

雑学04_01
公立校の魅力といえば、古豪と呼ばれるような伝統校が多いことです。
伝統校には近年一気に力を付けてきた私立校とは違う独特の味があります。
長年受け継いだカラーというものがあり、私立校のような派手さはなくても渋い活躍をします。

私が特に注目するのは四国の公立校です。
四国は昔から高校野球が強く、古豪と呼ばれる公立校が多く存在します。
松山商業、高松商業、徳島商業、高知商業の商業勢を中心に甲子園で何度も優勝しています。
近年では四国でも明徳義塾や済美などの私立勢が全国制覇をしていますが、まだまだ公立勢も頑張っています。
そんな四国の公立高校が関東や関西の私立高校を相手にどういった戦いをしてくれるかには注目する価値が十分にあります。

夏の甲子園には魔物が潜む

雑学04_02
甲子園には魔物が潜むとはよく言いますが、特に夏の甲子園には魔物がたくさん存在します。
春の選抜とは違い3年生にとっては負けた時点で高校野球生活が終わってしまうので、どの高校の選手も死力を尽くして戦います。
そんな全力プレーの姿勢と、プロほど技術レベルが高くないことから信じられないミスが起こったりするのです。
普段であれば何てことないプレーでも、プレッシャーのかかる場面では普段通りの力を発揮できずエラーをする選手が多発します。
逆に練習でもできないようなスーパープレーが飛び出すことも珍しくありません。
マンガでも描けないようなドラマチック過ぎる劇的な展開になることも魅力です。

そんな甲子園だからこそ、古豪と呼ばれる伝統公立校の基本に忠実な堅実プレーが、個人レベルの高い私立校相手に最後まで粘って戦うことで何かが起こることを期待してしまうのです。
今年の夏の甲子園でも公立校が台風の目となってくれることを期待しています。

こちらの記事に関連するタグ

甲子園の豆知識
Clipeeをフォローして
最新記事を受け取ろう!

高校野球に関する記事

お勧め記事

新着記事