春の九州大会を制した福岡大学付属大濠高校に注目すべきドラフト候補の選手がいる。

しなやかなフォームからMAX146kmを投げ込む右腕がいる。
福岡大学附属大濠高校の濱地真澄投手。

濱地投手は、小学1年から野球を始め、元岡中学では県4強に導く活躍をしている。
大濠では、1年時から当確を表し2年夏には同地区強豪校の九産大九州高校相手に完封勝利を収め、存在を確立させた。

濱地真澄の魅力

180㌢を超える長身から豪快に投げ下ろす直球が最大の持ち味。
ストレートを活かすカーブとスライダーを中心にゲームを支配するピッチングには惚れ惚れする。
豪快なピッチングと繊細なコントロールを実現するピッチング術はスター性を感じる。

中学時代から注目を集めた大器はこの夏どこまで世間を湧かせるのか注目していきたい。

こちらの記事に関連するタグ

ohori
Clipeeをフォローして
最新記事を受け取ろう!

高校野球に関する記事

お勧め記事

新着記事