2017年03月20日 (月) 05:05 ドジャースタジアム
日本 練習試合

2-3

試合終了
ドジャース
1 2 3 4 5 6 7 8 9
日本 000011000 2
ドジャース 000100002 3
試合概要

【日】一回表:三者凡退で無得点

【ド】一回裏:三者凡退で無得点

【日】二回表:先頭筒香がツーベースヒットを放つも、後続が倒れて無得点

【ド】二回裏:1アウトからグティエレスがヒットを放つも、、後続が倒れて無得点

【日】二回表:炭谷がヒットで出塁するも、牽制タッチアウト。続く山田が内野安打、菊池がセカンドゴロに倒れ無得点

【ド】三回裏:先頭エイブナーがヒット。続くテイラーは三振に倒れるもトールズのヒット、フォーサイスがフォアボールで1アウト満塁!しかし、後続が倒れチャンスを逃す。

【日】四回表:先頭坂本がヒットを放つも、後続が倒れて無得点

【ド】四回裏:0アウト2塁からセゲディンのタイムリーで1点を先制!

【日】五回表:2連続フォアボールから1,3塁の同点チャンスを得た日本は続く炭谷のセカンドゴロの間に3塁走者が生還して同点に追いつく!

(投手交代:武田→岡田)

【ド】五回裏:フォーサイスがフォアボールで出塁するも後続が倒れて無得点

【日】六回表:先頭筒香が今日2本目のツーベースヒットで出塁!続く中田の逆転タイムリーで1-2!

【ド】六回裏:先頭ベリンジャーがヒットで出塁するも続くセゲディンがダブルプレー倒れる

【日】七回表:先頭炭谷がヒットを放つも後続が倒れて無得点

【ド】七回裏:2連続三振後、ディクソンがヒットを放つもフェルナンデスがファーストゴロに倒れる

【日】八回表:三者凡退で無得点

【ド】八回裏:三者凡退で無得点

【日】九回表:三者凡退で無得点

【ド】九回裏:2度のフォアボールで2アウト1,2塁一打逆転のチャンスを得ると、ディクソンが逆転サヨナラタイムリースリーベースで3-2。ゲームセット、ドジャースの勝利!

勝利投手M・ジョンソン(1-0)
勝利投手松井 裕樹(0-1)
日本バッテリー武田 翔太、岡田 俊哉、秋吉 亮、平野 佳寿、牧田 和久、松井 裕樹 - 炭谷 銀仁朗
ドジャースバッテリーT・オークス、アビラン、デイトン、B・モロウ、C・ハインズ、M・ホワイト、M・ジョンソン - Y・グランダル

出場成績

日本

打順 位置 選手名
1 (指) 山田 哲人 4 1 0
2 (二) 菊池 涼介 4 1 0
3 (遊) 坂本 勇人 3 1 0
(三) 松田 宣浩 1 0 0
4 (左) 筒香 嘉智 3 2 0
走左 平田 良介 1 0 0
5 (一) 中田 翔 3 1 1
小林 誠司 1 0 0
6 (中) 青木 宣親 2 0 0
秋山 翔吾 2 0 0
7 (右) 鈴木 誠也 3 0 0
8 (三遊) 田中 広輔 3 0 0
9 (捕一) 炭谷 銀仁朗 4 2 1
選手名
武田 翔太 4 18 5 2 1 1 1
岡田 俊哉 1 4 0 1 1 - 0
秋吉 亮 1 3 1 0 0 - 0
平野 佳寿 1 4 1 2 0 - 0
牧田 和久 1 3 0 1 0 - 0
松井 裕樹 2/3 5 1 1 2 2 2

ドジャース

打順 位置 選手名
1 (左) トールズ 3 1 0
O・ディクソン 2 2 2
2 (二) L・フォーサイス 1 0 0
J・フェルナンデス 1 0 0
3 (捕) Y・グランダル 3 0 0
A・ベルドゥーゴ 1 0 0
4 (一) E・ゴンザレス 3 0 0
T・ホルト 1 0 0
5 (右) F・グティエレス 2 2 0
C・ベリンジャー 2 1 0
6 (三) R・セゲディン 3 1 1
(一) D・スウィーニー 1 0 0
7 (指) I・デービス 3 0 0
W・カルフーン 0 0 0
8 (中) B・エイブナー 2 1 0
A・バーンズ 2 0 0
9 (遊) C・テイラー 3 0 0
(投) O・エスティベス 0 0 0
選手名
T・オークス 3 11 3 1 0 - 0
アビラン 2/3 3 1 1 0 - 0
デイトン 2/3 4 0 0 2 1 1
B・モロウ 1 1/3 7 3 2 0 1 1
C・ハインズ 1/3 1 0 0 0 - 0
M・ホワイト 2 7 1 3 0 - 0
M・ジョンソン 1 3 0 1 0 - 0

表の項目について

回:回数 / 打:打者数(打席数) / 安:被安打(安打) / 三:三振 / 四:四死球 / 失:失点 / 自:自責 / 点:打点
()は打者成績の場合の表記

関連ニュース