2017年03月23日 (木) 10:00 ドジャー・スタジアム
アメリカ 決勝ラウンド

8-0

試合終了
プエルトリコ
1 2 3 4 5 6 7 8 9
アメリカ 002020310 8
プエルトリコ 000000000 0
試合概要

【プ】九回裏:1アウトからパガンがヒットで出塁するも、後続が倒れて3アウトゲームセット。アメリカがWBC初優勝を決める

【ア】九回表:1アウト3塁からキンズラーがフォアボールで1,3塁となるも、ジョーンズがダブルプレーに倒れて無得点


------<過去のイニング>------

【ア】一回表:2アウトからイエリチがツーベースヒットで出塁するも、アレナドが三振に倒れて無得点

【プ】一回裏:三者凡退で無得点

【ア】二回表:先頭ホスマーがフォアボールで出塁するも後続が倒れて無得点

【プ】二回裏:先頭ベルトランが出塁するもダブルプレー、バエスが三振に倒れて無得点

【ア】三回表:先頭ルクロイがヒットで出塁するお、つづくキンズラーの2ランホームランで先制!

【プ】三回裏:三者凡退で無得点

【プ】四回裏:三者凡退で無得点

【ア】五回表:0アウト1,2塁からイエリチのタイムリーで1点を追加!さらに2アウト1,3塁からマカチェンのタイムリーで1点を追加!

【プ】五回裏:三者凡退で無得点

【ア】六回表:3連続三振で無得点

【プ】六回裏:三者凡退で無得点

【ア】七回表:2アウト1塁からホスマーがデッドボール、マカチェンがフォアボールで満塁。ここで投手ロメロに交代するも2連続タイムリーで3点を追加!

【プ】七回裏:先頭パガンが今日チーム初ヒットを放つも、途中交代のダイソンの前に後続が倒れて無得点

【ア】八回表:2アウトから2連続ヒットで1,3塁とすると、続くマカチェンのタイムリーで1点を追加!

【プ】八回裏:先頭モリーナがヒットで出塁するも、バエスがダブルプレーに倒れて2アウト。続くロサリオがフォアボールで出塁するも、代打・バルガスが空振り三振に倒れて無得点

勝利投手M・ストローマン(1-0)
勝利投手S・ルーゴ(0-1)
本塁打

I・キンズラー(3回表、2ラン)

アメリカバッテリーM・ストローマン、S・ダイソン、P・ニシェク - J・ルクロイ
プエルトリコバッテリーS・ルーゴ、J・ヒメネス、J・ベリオス - Y、J・C・ロメロ、H・ブルゴス、A・クラウディオ、E・パガン・モリーナ

出場成績

アメリカ

打順 位置 選手名
1 (二) I・キンズラー 5 2 2
2 (中) A・ジョーンズ 4 0 0
3 (左) C・イエリチ 5 2 1
4 (三) N・アレナド 5 2 0
5 (一) E・ホスマー 2 1 0
6 (右) A・マカチェン 4 2 2
7 (遊) B・クロフォード 5 1 2
8 (指) G・スタントン 5 2 1
9 (捕) J・ルクロイ 4 1 0
選手名
M・ストローマン 6 0/3 19 1 3 1 - 0
S・ダイソン 1 3 0 2 0 - 0
P・ニシェク 1 4 1 1 1 - 0
D・ロバートソン 1 4 1 0 0 - 0

プエルトリコ

打順 位置 選手名
1 (左) A・パガン 4 2 0
2 (遊) F・リンドア 4 0 0
3 (三) C・コレア 4 0 0
4 (指) ベルトラン 2 0 0
5 (捕) Y・モリーナ 3 1 0
6 (二) J・バエス 3 0 0
7 (右) E・ロサリオ 2 0 0
8 (一) T・J・リベラ 2 0 0
(投) A・バルガス 1 0 0
9 (中) K・ヘルナンデス 3 0 0
選手名
S・ルーゴ 4 0/3 21 5 7 4 4 4
J・ヒメネス 1 4 1 0 0 - 0
J・ベリオス 1 2/3 8 1 4 1 3 3
J・C・ロメロ 0/3 1 1 0 0 - 0
H・ブルゴス 1 0/3 6 2 1 1 1 1
A・クラウディオ 1/3 3 2 1 0 - 0
E・パガン -

表の項目について

回:回数 / 打:打者数(打席数) / 安:被安打(安打) / 三:三振 / 四:四死球 / 失:失点 / 自:自責 / 点:打点
()は打者成績の場合の表記

関連ニュース